コンセプト

コパンの子供スクールでは「ほめる指導」で
子供たちのやる気と自信を育てます。

コパンは、子供たちの無限の可能性を信じ、『元気に夢を抱ける子』を育てます。元気な心身を備えながら、無限の夢を描き、その目標に向かって突き進む勇気を持つ子供を育てる―それが私たちの使命です。 コパンのキッズスクールは、しなやかで丈夫な体づくりと社会のルールや礼儀を学んでいきます。子供の「できた!」をひとつずつ増やし、それをほめることで確実に成長していく子供たちの姿がコパンの宝物です。

“ほめて伸ばす”コパンの指導

大人に限らず子供にも、外敵から自分を守りたいという「自己保存の本能」があることはご存じの通り。
特に「しょっちゅう叱られた」という記憶は心の奥深くに刻まれます。その結果、学ぼうとする意欲、人の話を真剣に聞く、間違った考え方を柔軟に改めるという「自分にとっての困難」から逃避する傾向をもつことが分かってきています。「励ましたつもり」の言葉のかけ方には注意が必要です。
一方、ほめられてやる気になるのは、大人でも同じです。「興味の持てなかった種目だったが、ちょっとしたことでコーチにほめられ熱心に練習するようになり得意種目になった」ということはしばしば起きます。この良いスパイラルはほとんど無限に子供の可能性を引き出すことが可能です。
こういった経験則から、「ほめる指導」が脳の最も基本的なメカニズムに働きかけ、有効な結果を導きやすいというコパンのコーチングの基本的な考え方になりました。

とにかく「楽しい」スイミングスクール

「泳げる楽しさを広げたい、ぐんぐん上達信頼のスクーリング」をコンセプトに指導を進めているコパンのスイミングスクール。「子供の潜在能力は無限で、心からほめられた子供は努力を惜しまない」と、おだてるのではなく「ほめて伸ばす指導」も大きな柱にしています。とにかく「楽しい」スイミングスクールを目標に、子供はもちろん、保護者やコーチも楽しいと感じられることを基本に、3つの指導コンセプトを実行します。

子供スイミング指導コンセプト:とにかく「楽しい」スイミングスクール

「泳ぐ」「遊ぶ」の『わくわく・どきどき』を大切にします。
子供にとっての遊びは一番大事な“仕事”です。その遊びが好きなほど、子供は本気になって熱中していきます。遊びとプールをつなぐ「楽しいレッスンマニュアル」を活用して、毎回違うわくわく・ドキドキを演出しながら、水とのコミュニケーション時間を作り出します。
「みーんな」のコミュニケーションを大切にします。
子供も大人と同じように、人間関係を作っています。「子供×子供」、「子供×家族」「子供×コーチ」の人間関係が密になる指導をおこないます。名前を呼ぶ指導を徹底し、子供同士も名前で呼び合える関係を築きます。あわせて「家族×コーチ」のコミュニケーションの機会も増やし、自宅に戻ってからも共有できる情報提供に努めます。
「からだ」と「こころ」の育みを大切にします。
本来の目的である「泳ぎの上達=からだの育み」のためには、きめ細かく上達をほめることでやる気を引き出すことが大切です。ステップアップノートを積極活用し、帰宅後に「ここまで上がったよ!」と喜んで報告してもらえる仕組みを作ります。「こころ」の育みでは、挑戦する勇気や友だちと仲良くする協調性の発達を促します。これら泳ぎの上達と人としての協調性の育成のために、ステップアップノートをパネルにして簡単な“授業時間”を設け、みんなで知識を共有しながら目標達成ができるようにします。

成長の必須ツール「ステップアップノート」

入会するとまず手渡されるのがこの「ステップアップノート」。プールでのマナーから始まり、無級から上級まで細かくチェック項目が設定されたこのノートを基本に子供たちは練習に励みます。分かりやすいイラストと簡潔な目標で、保護者の方にも進捗度合いが見やすい形になっています。また、進級のたびにもらえる「合格シール」は目標達成する喜びを知る証しで、次のステップに向けて頑張る気持の原動力にもなっています。

こどもスクール実施店舗

  • 春の入会キャンペーン

コパンスポーツクラブ

▲ページトップへ